バイアグラは世界で初めて誕生したED治療薬です。血管拡張作用が強く、最も効果を感じやすいため未だに人気があります。

バイアグラの効果・効能

バイアグラ 世界で初めて開発されたED治療薬であるバイアグラは、これまでの治療法ではほとんど改善が見込めなかったEDに対し大きな希望を与えた薬といっても大げさではありません。

医師にとっても患者にとってもEDという症状は非常に厄介であったためです。

1998年ファイザー製薬により開発されたバイアグラ。登場した際は「奇跡の薬」「革命的な薬」などと言われ、爆発的に売れたのです。

日本でも個人輸入によって手に入れる人が続出したのですが、使用に関する事故も多発し、異例ともいえるスピードで認可された事も記憶に残ります。

本国での発売から翌年の1999年には国内で発売されることになったのです。当時は非常に話題に事欠かない薬でした。

シルデナフィル 主成分はシルデナフィルといい、その作用は血管を拡張し、血流を良くします。

そして勃起をする際に邪魔になる酵素、PDE5の働きを阻害する作用も持っており勃起を正常に行えるようにします。

PDE5はサイクリックGMPという血管を拡張する物質を分解する働きを持っており、PDE5の量が多ければサイクリックGMPが分解されきってしまい、血管の拡張にも支障が生じ、血液が海綿体に流れづらくなるのです。

バイアグラは特に血管拡張作用が強く、勃起促進が最も強いED治療薬です。
そのためED治療薬の中では効果がストレートに出ると言われ、効いているのが分かりやすいものを好む人はリピーターとして、バイアグラしか使わないという人がたくさんいます。

副作用を感じる男性 しかしその反面、副作用も強く感じてしまいます。
特に多いのが顔のほてりです。
まず間違いなく発現しますので、初めて服用した人はかなり熱を帯びてしまうことにびっくりしてしまうかもしれません。

次いで目の充血、鼻づまりが多く出ます。全て血管拡張作用によるものです。めまいや吐き気も個人差によりますが、催す場合があるので現れた際は無理をしないようにしましょう。

食事の影響も受けやすいので、空腹状態で服用しなければ効果が半減したり現れにくいことがあります。

その点にも注意をし、使用して下さい。
使い方に気をつければ大きな味方となるバイアグラです。

シアリスとはまた一味違った特徴を持っていますので、気になる方は一度試してみてはいかがでしょうか?