ED治療薬が登場する前は、EDという症状は完治をしない難しい症状であったようです。

治療薬登場前のED治療方法

バイアグラ バイアグラが開発されもうすぐ20年が経ちます。
その間にもレビトラ、シアリスが開発されED治療薬は大きな進歩、そして認知度が高くなりました。

EDを改善するにあたってまず選ばれるのが薬を使って行う治療法です。
多くの人に劇的な変化をもたらし、問題なくセックスをすることが可能になります。

しかしバイアグラが登場する前は、完治させることが非常に難しく満足出来る対処法がありませんでした。

そこでこのページではED治療薬が登場する前はどのような治療方法でEDに対処していたのかをご紹介していこうと思います。

意外な方法や文章を読んでいるだけで少し痛い方法まであります。

勃起の正常な確認の仕方

ED治療イラスト3 EDを確認するにあたりまず最初に行われていたのが「スタンプテスト」というもので判別していました。

その名の通り切手を使った方法で、現在でも行われているようです。
就寝する際に行うのですが、単に反射的な勃起であるため、確認された場合は勃起機能そのものに問題は無く、機能性EDの疑いが強く浮き上がります。

そのため精神的なケアをすれば解決出来る事が可能であり、もしも勃起反応が見られなければ身体的な問題である器質性が疑われます。

EDの治療法

スタンプテストにより勃起が確認されなかった場合、次のステップに移ります。

良く使われていた方法にシリンダーを使った方法が挙げられます。
そのやり方は筒にペニスを入れ、筒内の圧力を下げて血流をペニスに集中させて勃起を促すというものです。

このやり方は割と効果はあったようですが、セックスに至る際にもそれをしなければなりませんので、良い雰囲気が壊れてしまいかねません。

他にもペニスへ直接注射をし、勃起を強制的に起こす治療法があります。
現在でもこの治療法は行われており、神経に異常がある方や重度の糖尿病により勃起に支障がある人が主に利用しています。

比較的効果はすぐに現れるため、最も改善に期待できる方法ですが1~2時間しか持続しませんのですぐにでもセックスを行わなければ効果が切れてしまい、意味が無くなってしまいます。

ED治療薬の登場で怖いものではなくなりました

シアリスのパッケージ2つ 他にも手術によりペニスへシリコンを入れたり、サプリメントで改善を試みたりと言った方法もありました。

しかしどれも短所が大きすぎたのです。
ED治療薬の登場は医師にとっても患者にとっても大きく状況が変化し、大きな希望となりました。

今ではEDになってしまっても恐れる必要はありません。
むしろ悩んでしまうとさらに症状が重くなる可能性がありますので、潔く認め使用することを強くおすすめします。

気の持ちようでもプレッシャーは開放されていくのです。